日本のメジャープロレス団体

このサイトでは日本国内で活動するメジャーなプロレス団体について、様々な角度から検証を行ないながら検証をおこない、解説していきます。

日本のプロレス団体

日本に於いてのプロレス興行は戦後間もなくから、相撲やプロ柔道出身者達により旗揚げされ、それ以来数多くの興業が行われていました。1970年代以降は新日本、全日本両団体による冷戦状態が長く続きましたが、2000年代に入り両団体ともに分裂や離合集散を繰り返し、メジャーな選手が所属する団体だけでも数多くが活動するにいたりました。現在では競争をしながらもお互いの団体に選手を送り込む協力状態にあり、業界全体でプロレス業界を盛り上げようとの姿勢に変わっています。

PRリンク1
福山で正社員求人をお探しなら | アーツェット有限会社
池袋駅東口の風俗求人なら | よるジョブ

力道山時代から馬場・猪木両頭時代へ

戦後間もなくのプロレス創世記には木村正雄、山口利夫らによって多くの団体が旗揚げされ、群雄割拠の時代となりました。その後日本テレビのテレビ放映を味方につけた力道山が日本プロレスを旗揚げし、その人気に押され1950年代末期にはほとんどの団体が活動を停止し、日本プロレスの独占時代となりました。1963年末の力道山の死後、暫くは日本プロレスの一強時代が続きますが、東京プロレス、国際プロレスとライバル団体の旗揚げが続き、日本プロレス自身も馬場・猪木の台頭とともに、それぞれが日本テレビ、NETテレビ(現在のテレビ朝日)の後押しによる社内対立が生じ、馬場は全日本プロレスを、猪木は新日本プロレスを旗揚げし、長く続く2強時代へと繋がっていきました。

PRリンク2
福山の美容院でおススメは | アットキレイ
福山市のリンパマッサージ・エステなら プティ

再び群雄割拠時代へ

猪木が参議院議員となり国政に入ると新日本プロレス内で徐々に発言力が低下、1999年に馬場が死去するとプロレス業界内は2巨頭時代が終結しました。2000年には新日本プロレスから橋本真也が独立してゼロワンを旗揚げ、同年夏には全日本プロレスから三沢光晴が独立してプロレスリングノアを旗揚げし大半の選手が帯同するなど、団体の分裂が加速しました。その後新日本プロレスから武藤敬司が全日本プロレスへ移籍、その後再び独立しレッスルワンを旗揚げ、ノアから秋山準らが退団し全日本プロレスへ復帰するなど、選手の流動により現在の体制が出来上がっています。

PRリンク3
福山の女性専用エステサロンなら ラヴィヴァーレ

リンク集